果たして中流層が復活するのだろうか? | 美容師キャリアアップ教育の必要性

果たして中流層が復活するのだろうか?

スポンサードリンク

理美容ニュースより~


スナップショット 1 (2015-02-18 18-49)

Posted on | 1月 5, 2016 | No Comments
小山秀男の日々雑感このコラムを通して、私なりにさまざまな提案、提言をしてきたが、残念ながら理美容業界がよくなったとは思えない。むしろ最近の経済指標をみると、いっそう悪化している。

過去、理美容業界は日本の経済成長ととともに大いに繁栄してきた。高度成長の好景気の恩恵を多くの国民が受け、「一億総中流」なる言葉も生まれた。分厚い中流階級があったからこそ、理美容サロンが繁盛した。
そこそこの所得があれば生活に余裕がでてくるし、オシャレにもお金をかけられる。あるご高齢の理容店主は「当時のサラリーマンの年収の倍以上は軽く稼いでいた」とおっしゃる。そんな歴史が理美容業界にはあった。


追記
 ビジネスとしての、美容をどう反映させていくか?マーケティングを制したものが、勝ち組となる
関連記事

スポンサードリンク

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新の記事

--------------------------------------------------

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ

このサイトについて

仕事として美容の道を選んだあなたに送りたい 豊かになる為のビジネスのすすめです。 意外と知られていない成功法 何とか伝えられないかと 只今、奮闘中!!

検索フォーム

フリーエリア