美容業界の市場考えよう | 美容師キャリアアップ教育の必要性

美容業界の市場考えよう

スポンサードリンク

USAサイト

5年後10年後の業界の在り方が重要ですね。

今やるべきことを、確実のやっていく事がもとも重要なのです。

1.美容室の競争はどれほど限界に来ているのか。

   ・市場規模は?生き残れる美容室は?

 美容業は約1.46兆円、理容業と合わせると2兆円以上の規模となり、サービス業の中でも大きな市場規模がある業界です。地域的な特徴については、東京都は他の大都市に比べて約5倍~10倍といった非常に大きな規模があります。府中市、調布市など東京都の23区以外の地域だけでも、  約710億円ものとなり、大阪市などの政令指定都市を上回る市場規模があることがわかります。このような優良な市場に対して、概ね同じような市場規模の飲食業等に比べて比較的設備投資を要さないため、参入障壁は比較的低い業界であると考えられます。



追伸
なんとなく5~6年経験積んで、

なんとなくカットもできて、人気もあったから、いいかな~って結婚して、

美容師の旦那をもって、家とサロンを持ち

あとは子育てしながら、手伝って、

幸せな美容師夫婦の生活・・・・?

しかし・・・

これからが長い人生なのです!しかもお金はかかるばかり~

社会保険完備の条件のいいサロンに入っても、そのまま

収入は増えていくだろうか?退職金はいくらもらえるのだろうか?

自分の親、旦那様親の介護、子供の教育費様々な金銭の問題がいくら頑張っても

深く重くのしかかってくる。
関連記事

スポンサードリンク

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新の記事

--------------------------------------------------

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ

このサイトについて

仕事として美容の道を選んだあなたに送りたい 豊かになる為のビジネスのすすめです。 意外と知られていない成功法 何とか伝えられないかと 只今、奮闘中!!

検索フォーム

フリーエリア