美容師をやめたくなった時 | 美容師キャリアアップ教育の必要性

美容師をやめたくなった時

スポンサードリンク

名東区藤ヶ丘美容師求人

止めたい理由を探すと、きりがない


そして自分を正当化して、自分を洗脳していることにきずいてほしい



1、過去に美容室をやめたくなった事はあったが、今も続けている人。
=オーナー、幹部役員


2、過去に美容室を結婚してもやめずにそれでもブランクなしで続けている人。
=オーナー、幹部役員


3、過去に美容室をやめて、いま又再出発した人。
=オーナー、幹部役員


4、過去に美容室をやめたくなって、やめてしまって今もやっていない人。
= 従業員、パート


5、過去に美容室を、結婚して妻と子供を養っていけなくてやめてしまった。
=サラリーマン、労働者


6、過去に美容室を出産で、やめて今もやっていない人。
=主婦、パート 


7、過去に美容室に努めていていじめ?、けんか?、それで黙って逃げ出した?
=従業員、パート




さてさて皆さんは、何番になりましたか?
それとも目指していますか?

シンプルにまとめてみましたが、
様々なやめて挫折するための理由を人は苦しい時に考え
自己弁護してこの場を逃げ切ろうとします。

『その時は限界だった』

『人間関係で仕方なくやめた』

『オーナーとあわなかった』

『夢がもてなくなった』

『やる気がなくなった』

ありとあらゆる理由を膨らませて自分を正当化してやめていきます。



ただ思うのは、プロの道、スペシャリストの道は、それを乗り切らなければ
ひとは磨かれません!

技も心も身体も

いつかまた環境変えても、またその壁に直面して、もっと苦しみは深くなるのに・・・


残念でなりません
関連記事

スポンサードリンク

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新の記事

--------------------------------------------------

カテゴリ

月別アーカイブ

タグ

このサイトについて

仕事として美容の道を選んだあなたに送りたい 豊かになる為のビジネスのすすめです。 意外と知られていない成功法 何とか伝えられないかと 只今、奮闘中!!

検索フォーム

フリーエリア